ねこ哲の思考メモ

気づきや日常をメモしていく。後に思考を整理するために。

批判の気持ち悪さ

日常的に、僕らは人が批判される光景を目のあたりにする。リアルでも、メディアでも、ネットでも。

なんだろう?この気持ち悪さは。

人を批判しても悪くないという風潮。中には、批判をすることで、他人の欠点を是正するという期待も込められているかもしれない。

が、このような「お前のために言っている」ことには、正当化が混じってくるから、批判はややこしいものとなる。

僕が批判の例として気持ち悪さを感じるのは以下のようなケースである

  • 国会で他者の意見の批判ばかりに注力している光景
  • 親や先輩や上司、先生といった立場が上の物が、教育や君のためだという名目を振りかざした批判
  • ネットにおける炎上
  • ネットでの動画や商品に対して浴びせる批判

このような批判が起きるケースの中で、僕が批判する行為に感じている違和感は次のものだ。

  • 批判のやりすぎ。批判することが快楽になっている場合が目立つ。
  • 言動に対する批判がその人の人格否定につながる場合。
  • ただのあら探し


批判の分類

リアルなのかネットなのか、ネットでは、対面で言う批判と陰で言う批判がある。またネットでも記名なのか匿名なのかで分類ができる。

リアル  対面     アドバイスに見せかけた批判など。集団で攻める場合がある。
リアル  陰     陰口   批判が多い
ネット  記名    批判は少ない
ネット  匿名     批判が多い。

こう分類してみると、陰口や匿名の批判が多いようだ。また、単独で批判できる人は少ない。ネットの記名の場合やリアルの場合は、批判を表に出すことで、自分の信頼や評判が悪くなることを恐れている。

単独で行われる批判は、君のためだとか、お前のためというように、アドバイスに見せかけた批判が行われる。これは、自分の優位な立場を利用して行われる。

結局、批判は、自分が優位あるいは安全な立場を確保して、他人を攻撃する行為となる。


批判のやりすぎ、人格否定


一度批判を始めると、批判をやり過ぎるパターンが多い。人の言動を批判し始めて、過去の言動も追求し、批判の対象の人間の人格否定をはじめる。


これらは、他人の批判をすることにより、自分の中にある攻撃的な本能が発動し、相手をいたぶることに快感を感じはじめるからであると僕は考えている。


ただのあら探しに関して

中には、ウォーリーを探せをやってるかのごとく、人や物の欠点を指摘する人がいる。

これもまた批判が快感になっている場合だ。間違い探しをして、喜んでいるような状態。

心が未熟な者は、人のあら探しをして喜ぶパターンに陥る。


おわりに

今回、僕が日常様々なところで見かける批判に対して、漠然と感じていたことを言葉にした。

僕は、批判自体全てが悪いとは思っていないが、多くのシチュエーションにおいて、他者をいたぶるために批判が用いられており、悪い使われ方が多い。


そもそも何のために人は批判をするのか?

イラっとしたから?

相手の気づいていないことに気づかせてあげたいから?

自分の正しさを主張したいから?

自分の嫌いな人を困らせたいから?


最初は悪意がなくとも、むしろ、善意でアドバイス、批評を行っていても気づけば批判になっている場合もある。


こう、落ち着いて考えると、人の批判は不毛であると感じ、人の批判はやめようと思う。

しかし、実際、人の批判をする時は、心地良さもあり、悪いと思いながらもなかなかやめられない。

特に、集団で特定の対象を批判する場合、集団で意識を共有する一体感と連帯感があり、さらに攻撃対象をいたぶる快感も加わる。

そして、批判は、新たな批判を生み、批判する側も、批判しているのを傍から見る側も、自分が批判される側にまわるときの恐怖を抱く。

負の連鎖を開始させ、促進させる「批判」。。。

批判には気をつけていこう。

大切にするってどうゆうこと?

ふと感じたのが、大切ってどういうことだ?意味わからなくないか?ってことです。

 
僕は自分の時間を大切にしている。
あなた、私のこと大切にしてる?
僕はこの旅の思い出を大切にするよ。
このアイテムは大切だ。
 
実際のアクションを考えた時に、何するの?ってなる。
 
大切にするって、なんだろう?
 
 
大事にするという表現が近い。
 
 

この大切にすることの反対を考えてみると、無駄や粗末というイメージが沸く。

 
大切にすることは、無駄にしないこと。これはなんとなくわかる。時間や物といった、非生物に対して、用いられるニュアンスだ。
 
時間を大切にする。物を大切にする。= 時間を無駄にしない。物を粗末にしない。
 
人に対して用いる場合の大切にすることは、無駄にしないこととは意味が異なってくる。
 
家族を大切にする。
恋人を大切にする。
友達を大切にする。
 
こちらは、必要とするとか、優先するといった表現になるだろうか。人によっては、愛するという表現になるかもしれない。
 

人による言葉のイメージの違いは、誤解につながる。

 
僕は、大切にするって言葉は響きは良いのだが、意味が広すぎて、人との誤解を生みやすいと感じている。
 
例えば、男性が忙しい忙しいと言い、ちょっと不仲になりかけている夫婦がいるとする。
 
女性が私のこと大切?と男性に聞いても、男性と女性で「大切にする」ことのイメージが違うので、女性の望む返答はこないだろう。
 
こうなると、男性は、じゃあ、おれはどうしたらいいんだ?って尋ねる。女性は、わからない。って言うか、仕事を変えろとか、もっと家庭を大切にしてと言う。
 
男性は、家族を大切にしているさ。だから忙しくしているんだと言う。
 
 

男にとって、大切にするってのは、守るってことか。女にとって、大切にするってのは、愛するってことか。

 
そう考えてみると、大切にするってこと、なんとなくイメージがついてきた。
 
まとめると
 
物、お金、時間 の大切にする  =   無駄にしない
男性の人に対する大切にする =  守る
女性の人に対する大切にする =  愛する
 
 
ここで、友達に関しては、ちょっとニュアンスが違うかな。
 
いや、こう、まとめてみたが、あんまり意味がわからなくなってしまった。
 
無駄にしないの、「無駄」も、「大切」に近いぐらい、意味が広いし。。。
 
大切にするってしょっちゅう使うけども、あんまり意味がわからずに使っているものだなぁ。
 
このようななかなか意味が漠然とした表現は、日本の以心伝心や会話の空気を作り出しているのに一役買っているかもしれない。
 
 

原始人にパソコンを与えたらどうなるか?

f:id:nekotetsustyle:20130630171101j:plain

原始人にパソコンを与えたらどうなるだろうか

 
今の最新スペックのノートパソコンを原始人に渡す。
 
まず、わけもわからず適当にぐちゃぐちゃ押したり、叩いたりしてぶっ壊すだろう。
 
壊してしまったら、もう1つパソコンを渡す。何回かやるうちに、電源ボタンに気づき、画面がつく。そしてこれに怯える。
 
しばらくすると、わけもわからないまま用いて、壊すかもしれないが、次第次第に使い方を少しずつ理解してくる。
 
まず、どうやったら壊れてしまうのか。というシンプルなところから、キーボードを押すと文字が入力されるということを理解しはじめるだろう。
 
次第にこのノートパソコンに飽きて何もいじらないやつもいれば、夢中にノートパソコンをいじるやつも出るだろう。
 
それでも、いじった所でまだまだ彼らは使いこなせない。少しずつ仕組みを理解していくことはできるだろうが、完全にそのパソコンの仕組みを理解するには数十年以上かかるだろう。膨大な時間と試行錯誤が必要だ。
 

なぜなら、彼らはパソコンを創っていないから。

 
そう。彼らはパソコンを創り出していない。しかも、周りにパソコンについて知る者は皆無である。だから、どの部品がどのような役割になっているか、どのソフトがどのような役割になっているかということを到底理解することができない。
 
壊して、分解して、エラーが出て、壊して、我武者羅にやって直して、という試行錯誤をひたすら続けて、少しずつ少しずつ、部品やソフトの役割を知るだろう。
 
そして、少しずつ理解して理解して、使いこなせるようになっていく。
 
ここまで読むと、僕の言わんとすることがバレバレだと思う。
 

そう、この原始人にパソコンの例は、人間が気がついたら人間でしたっていうことの例えなんだ。

 

僕ら人間は、人間を創ったわけじゃない。気がついたら人間だった。

 
それで、自動である程度生命活動を確保できるような本能なるものはあらかじめ植えつけられている。
 
それにより、人間は生活し、人間は人間を産み出すことができているが、人間が人間を設計して創りだしたわけじゃない。人間の誰もが、人間の創り方を知らない。
 
ここは、誰かが人間や動物を設計したんだろう。多分、その存在は、宇宙の全ての法則から何やら設計したんじゃないかと思う。
 
設計しないと、こんな複雑でありながら、バランスがとれているもの創れないもの。
 
宇宙も。生命体も。
 
ここで誰が設計したのかってのは、色んな宗教で扱われているので、その話はここでは置いておこう。
 
要は、僕ら人間が人間を創ったわけじゃないから、人間に関して知らないことだらけわからないことだってことだ。
 
そして、理解が深まれば深まるほど、人間として、どうすれば自分自身が向上するのか、壊れるのか、変わるのかがわかってくる。
 
例えば、パソコンを設計した技術者であれば、どこをどういじるとどうなるかがわかる。PC本体の部品やソフトの動作が不調である時は、どう処理すれば改善するのかがわかる。
 
これは、人間の例で考えると肉体関係は医学であり、心の関係は心理学や哲学になるだろう。
 
どうなったら、どうなる。どうなったら、どうなる。このような試行錯誤を人類は常に繰り返している。
 
病気が発症したら、治療をする。戦争が起きたら、もう戦争は起きないように制度を整える。喧嘩をして、仲直りする。いたずらして、怒られる。ネガティブに考えると、人生がうまくいかなくなる。人にしつこくすると嫌われる。
 
いろんな困難を乗り越えて、いろんな過ちを犯して、試行錯誤を通して、人は、人間を、人生を理解していく。
 
原始人にパソコンを与えると、試行錯誤になるように・・・。 わからないから、ミスすることもあるだろう。自分や人間関係を壊してしまうこともあるだろう。 
 
ミスしても、壊してもそこから学ぶことだ。そのミスを通して、その裏側にある原因、仕組みを理解していくことだ。
 
あー。俺が全然人間、人生について理解してないのは、俺が人間創ったわけじゃないからだーって捉えられると気が楽になりますよ!そうなると、謙虚の心が芽生えていく。
 

余計なことを喋らないためには、感情を抑えることと寡黙さを意識すると良さそう

昨日の  考えられない。考える。考えない。 に引き続いて、今回は喋ることに関して理解を深めたい。まずは漠然と喋ることについて取り上げる。

 

喋られない。喋る。喋らない。
 
表現を変えて

人と合わせて喋れない。喋る。余計なことを喋らない。

こう捉えてみる。
 
喋る。話をする。これらの行為は、コミュニケーションの要であることは言うまでもないが、実際にどう振舞ったら良いのかなかなかわかりづらい。
 

喋った方がいいのか。喋らない方がいいのか。

続きを読む

考えられない。考える。考えない。

考えられない。考える。考えない。
 
僕は、人のあらゆる行動において、考えられない。考える。考えない。といった3段階の状態があることを感じている。
 
他には、
食べられない。食べる。食べない。
喋れない。喋る。喋らない。
力を入れられない。力を入れる。力を入れない。
寝れない。寝る。寝ない。
 
ここで、僕は3つめの段階に注目している。3つ目の段階に、少し言葉を足してみよう。
 
考えられない。考える。余計なことを考えない。
食べられない。食べる。余計な量を食べない。
喋れない。喋る。余計なことを喋らない。
力を入れられない。力を入れる。余計な力を入れない。
寝れない。寝る。余計な時間は寝ない。
 
こう言葉を変えてみると、イメージがしやすくなると思う。
 
続きを読む

批判を恐れる心。そして正当化。

批判を恐れる心。そして正当化。
 
僕は、心の底で、他者からの批判を恐れている。
 
自分の行う仕事に対して、自分はここまでやったいるから、これだけやっているからいいだろう。という意識がつきまとってくる。
 
この意識から、自分は外部からの批判を恐れると同時に、自分自身を正当化していることがわかる。
 
なんとなく意識の底で、批判を受けたときに、
 
じゃあ君はできるのかな?
とか
君はそう言うが、君の話にも欠点がある。
 
続きを読む

結果や成果を求める人生

結果や成果を求める人生
 
人生において、何をするにも結果が大切、いくら頑張ったって結果が出なければ仕方ない。こう考えている人は多くはないだろうか。
 
 
実際、スポーツや将棋のようなルールが明確である競争、競技の場であれば結果を求めるだろう。
 
あとは、受験や資格など、一律の条件下で競うのであれば、結果を求めるのは妥当である。
 
しかし、人生というものは、競争がメインなのだろうか?
 
続きを読む

批判や疑いの裏側にはわからないという気持ちが隠れている

批判や疑いの裏にはわからないという気持ちが隠れている

僕らは、他人に対して、情報に対して反射的に疑ったり、批判してしまう傾向がある。

以前、(疑い深い人ができるまで)にて、疑うことと、わからないという感情に関して少し触れたが、今回は批判する心も含めて考えていきたい。

人は、不思議なことに、ネガティブに生きなさいとか、人を批判して生きなさい、と教えられていないのに、否定的に、批判的に生きてしまう傾向がある。

この理由として、無知であるがゆえに、わからないという感情があるがゆえに否定や批判が生まれるのではないかと考えられるのである。


スポーツの観戦をイメージしていただきたい。

例えば、野球を観戦していて、プロの選手のミスに対して批判をする場合を考える。
ここで、批判が目立つのは、野球をよく知らない人間だろう。

あとは、野球好きのおっさんとか。


どちらも、プレーする人の目線に立つイメージができない人だ。プレーする人の感覚がわからない。

なぜ、どのようにミスが生まれるのか、その過程や理由がわかるとき、批判的な心は消えていく。

人が他人に対して文句を言う時、実際に自分がやったことがないことに対して文句を言う場合が多い。

否定や批判の心を無くすには、相手の立場に立ってイメージすること。これにより、自分がそれまでわからなかったことに、気づくことができるようになる。

我々は物事の過程を知っていれば、批判や否定をする心はおさまる。対して、物事の過程を知らず、結果を突きつけられると、批判や否定の心が湧いてくる。過程を知らないから。

今の現代はどうだろうか。結果ばかり求められるような社会ではないだろうか。否定や批判があふれてやしないだろうか。過程は大事にされているだろうか。


できない人のネガティブ症候群よりもできる人のうぬぼれ症候群の方が厄介

できない人のネガティブ症候群よりもできる人のうぬぼれ症候群の方が厄介

 
できない人が、ネガティブ気味な傾向があるとか、言い訳しちゃうとか、その辺の傾向はもうみんなだいたい感じ取ってきている昨今、ポジティブシンキングをはじめとしたできる人になるためのメソッドが本だったりインターネットのあちらこちらで紹介されております。
 
さてさて、ここで表題にもありますように、めでたくポジティブになってきて、いわゆるできる人ってのが量産されるようになってきたのですが、ここでまた困ったことが発生している。今回はできる人特有の傾向、うぬぼれってやつの理解を深めていきたい。
 
たぶんこれはみんな感じている。いわゆるできる人やいわゆる成功してるっぽい人には、プライドや傲慢さ、自惚れの匂いがぷんぷんすることを。
 
ここで、真にできる人については除外していこう。
 
真にできる人は、自らが自惚れることを克服し、積極的で向上心がありながら、素直で謙虚さ、純粋さを兼ね備えた、全く臭みの無い人だ。
 
ここへ至るには、自惚れを克服することが必要だ。
 
ということで、自惚れを理解することにしよう。
 
早速ですが、人が上達したり、できるようになると、自惚れることはまず避けられない。
 
なぜなら、人ができるって感じるとき、そこに比較と批判の概念があるから。過去の自分や周囲と比べて、できるようになったなと、こう感じる時、心は緩む。
 
自分はできるって意識の中には、自分は頑張っている、自分はすごいって意識だけじゃない。こいつは、ダメ。あいつは、頑張ってない。っていう、他者を見下す価値観も含まれているんだ。
 
これは、別に自分ができないと感じる人でも感じちゃうことなんだけど、自分ができるって感じている人ほど、強く感じてしまうことなんだ。
 
真面目な人からすると、不真面目な人が目に付くし、頑張っている人からすると、頑張っていない人が目に付いてしまう。
 
そして、他者を批判する心とその他者を見て、自分はいけていると正当化する心が生まれてくる。
 
他者を批判していくことで、心は傲慢になり、自分を正当化して、自惚れていくわけだ。
 
普通に生きて、普通に努力していても、この自惚れるスパイラルに陥ることを避けるのは難しい。
 
自惚れればもっと他者を見下す心が強くなり、心が狭くなっていく。
 
 
もちろん、この自惚れにはレベルがある。もう、全面的に自慢が出てくる人と、そんなに自慢しないんだけど人を見下しているのがなんとなくわかる人がいる。
 
 
自惚れて何か悪いことがあるのか
 
自惚れる人の立場が弱者なのか強者なのかで状況は変わる。できる人は権力を有している可能性が高い。
 
弱者が自惚れた場合、そこには害は少ない。ただ、周りの人間が離れていくだけだ。
 
強者の場合、これは厄介な問題に結びつく場合がある。
 
自惚れると、傲慢さと組み合わさり、自分の価値観に合わぬものを排斥しようとする可能性がある。
 
権力と傲慢さは組み合わさるとタチが悪いが、だいたいいつもセットで他者を苦しめるようになる。
 
これは不思議だ。今、傲慢に見えるような人ももともとはそうではなかったろうに。。。
 
 
自分が成功するに従い、うぬぼれの種が育ち、傲慢さの花が咲く。
 
これを気をつけねばならない。雑草を刈り取るがごとく、己の未熟な心を根絶やしにしていかねばならぬ。
 
僕がこうやって文章を書いていても、その思考の裏側には、うぬぼれの心がやってくる。
 
ああ。自分、人間の思考に関していろんなことに気づけるなぁ。こういうことに気づけない人間は沢山いるんだろうなぁ。ってね。
 
この意識があることに気づき、それを消していきたい。
 
傲慢さはいったいどこからやってくるのか。うぬぼれはどうして出てくるのか。
 
これの背後には、人間の感情、特に、自分を特別視したいという欲求があるのだろう。
 
心理学の本にはこの辺のことは研究されているだろう。しかし、実際にどうやって消していくか。
 
自分が純粋に成長しながらも、全く嫌味の無いような、人間。
 
まさに宮沢賢治雨ニモ負ケズで出てくるような、素朴な生き方が僕の一つの理想だ。
 
まずは、自惚れや傲慢さってのが知らず知らずの間に勝手に育ってきてしまうってことを理解しよう。

ミスを恐れるのではなく、ミスを用心すること。

f:id:nekotetsustyle:20130614210621p:plain

 

ミスを恐れるのではなく、ミスを用心すること。

 

僕たち、ライフは1機しかないけどさ、ライフはそんな簡単に無くならないじゃない。そんなにミスすることを恐れなくったっていいんだ。大切なのは、ミスを恐れないことと、ミスしてもまた立ち直ること、あとは重大なミスを引き起こさないように用心するってことだ。

 

まずは、ミスをなんでやたらと恐れてしまうのか、理解してみよう。

 

ミスを恐れる気持ちってのは、成功への執着から生まれてくる。

 

人生の理想形ばかり追い求めていると、上を目指すことばかりに意識が集中してしまう。

 

上へ登れば登るほど、落ちることが怖くなる。失敗を恐れる気持ちが高まってくる。

 

意識が高いって人ほど、成長意欲が高いって人ほど、それが崩れることを恐れるようになるだろうなぁ。仮に、崩れてもなお、成長し続けようとする意欲が燃え盛る人は本物だ。

 

そして、上ばかり見てしまう心に加えて、何故だか人は、自分に都合の良いように人生を捉えがちになっちゃうんだなぁ。

 

これは、用心する心を失ってしまい結果的に重大なミスにつながる可能性がある。

 

結婚する時も、離婚の可能性があることとか、夫婦の仲が上手くいかない可能性があるとか、その辺のことはあんまり考えてないですよ。

 

よしんば、ちょっとは、結婚に関する将来の不安を考えることはあっても、関係が悪くなってきたとしたら、お互いどう乗り越えていくかってとこまで考えている人は少ないだろう。

 

結婚に至るまでの問題点の解消には、二人で全力を出すんだけど、一旦、結婚という関係が出来上がった後は、それが崩れていくと、立て直すのになかなか全力を出していけなくなる・・・。

 

自分の足元をしっかりと確認せずに、上ばかり見て、自分の都合の良いように人生を考えてしまうから、足元をすくわれるようになる。

 

ただ、逆に、何もかもを心配しすぎると、何も恐れてできなくなってしまうってことも起こりうる。


用心と心配は近いようで異なるが、はっきりと意識して区別することは難しい。


用心しているつもりが、ただ心配しているだけになる可能性もあるので、要注意だ。


他人のことは、心配になりやすいことに注意しておきたい。 

 

まとめますと、

  • 人生大したミスはそうそう無いから、あんまりミスにびくびくしないこと
  • ミスを恐れるあまりに新たなミスを生み出すことがあるので、ミスは気にしない
  • ミスに対して恐れることはせず、用心する