読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこ哲の思考メモ

気づきや日常をメモしていく。後に思考を整理するために。

他人をブサイクと呼ぶ人ちょっとそこ座れ

 

f:id:nekotetsustyle:20130520201931j:plain

 

他人をブサイクと呼ぶヤツちょっとそこ座れ

 

 

君が他人をブサイクだと呼んだり、こいつブサイクだなぁ、とすぐに思ってしまうような人は、ちょっとそこに座りなさい。

 

もし君が、他人をブサイクだと思っちゃいけないと、綺麗な心の持ち主だったら、すぐに立ち去った方がいい。

 

 

<出口>

 

 

 

よし。ここに残ったのは、他人をブサイクと呼ぶ人間ばかりのようだな。

 

君は、他人をブサイクだと考えるのだろうが、いったい誰にそれを教わったんだい?

 

みんなそう言っている。醜いものを醜いと言って何が悪い。

 

君はそう言うだろう。

 

じゃあ、君はどういうものが醜いのか、どういう顔がブサイクなのかわかるかな?

 

キモい、ダサい、醜い、ブサイク、これまで君は様々な言葉を用いて他人を形容してきたんだ。

 

君のブサイクという表現をどれくらい日常的に用いているか。それが問題だ。

 

次にブサイクだと感じる人に対する対応のパターンを挙げる。

 

  • ひどいレベル    →「うわー。ブサイク。」
  • ちょっとひどいレベル→「ああ・・・。美しくはないかな・・・。」
  • ある意味ひどいレベル→「◯◯さん、カワイイー。」
  • 普通のレベル    → 心の中で「うっ。うん、何も言わないでおこう。」
  • 神         → 心の中で「この人はもっと魅力がある。それを引き出そう。」

 

さて、君は上のどのパターンに当てはまるのかな?

 

大抵が、うっ。と心の中で思っても、口には出さないでいるだろう。

 

 

f:id:nekotetsustyle:20130520211747j:plain

何か言いたそうな顔をしているのはバレバレなんだ。

 

 

しかし、君の頭の中では、「あーこの人ブサイクやわー。」と呟いてしまっている。

 

それを、コントロールできたら、君は人として一皮や二皮どころじゃない。十皮はむけるだろう。

 

もし、君が「あっ。ブサイク。」って口に出せてしまうような人だったら、相当気をつけるべきだ。

 

君は、さすがに人にブサイクって言う時には、冗談で伝えているんだろうけど、これは相手を相当慎重に選んだほうがいい。直接ブサイクって言えるのは、そんなにブサイクじゃない人、つまり普通かそれ以上の人にしか使えない。

 

また、友達の彼女や彼氏のことをブサイクって言ってしまってはならない。特に、男同士では、すぐに相手が美人かどうかとか話題を出すが、それもNGだ。

 

中には、自分の彼女があんまり可愛くないって感じている人もいるからね。

 

美人の話をすると、それと同時にブサイクの意識も生まれてしまう。

 

ここに気をつけることだ。

 

これの逆を言えば、世の中ブサイクがいるから美人がいると捉えることもできるが、実際生活において、ブサイクは美人のことを意識するが、本当の美人はブサイクを相手にしないものである。

 

本当に美しいものは周りがどうあろうと美しい。

 

逆に、ブサイクというのは、これは他に比べるものがあって、相対的に生まれてくるんだ。

 

どこをどう見てもブサイクな人ってのは、世の中そういるもんじゃあない。

 

文化や人の価値観によって大きく変わってくるものなんだ。

 

君がブサイクだと感じている人だって、他の人が見たらちょっと可愛いって思うかもしれない。

 

もし君が、ブサイクに感じる自分の感情に対して、認識を改めることができたら、君は素晴らしい人格の持ち主だ。

 

最初は、ちょっと「ウッ。」って感じるかもしれないが、ちょっと見方を変えてみなさいよ。

 

見る角度を変えてみたっていい。前から見たら微妙だけど、横から見るといいなぁ。とか。

 

後ろ姿がいいなぁ。とか。

 

とにかく、前向きに眺めてみるようにすることだ。

 

君が好きになる人が可愛い人、美人である人、イケメンである人であったとしても、別に他の人をブサイクだと感じる必要はないんだよ。

 

そしてね、当たり前だけど、人の容姿ってものは、年が経つにつれて変わりゆくものなんだ。

 

f:id:nekotetsustyle:20130520213748j:plain

 

男だったらおっさんぽくなっていくだろう。頭もハゲるかもしれない。

 

女だったら、肌が老いてきてシワが目立つようになってくるだろう。

 

そりゃあ、誰だって、若い時に比べるとどんどん醜くなっていってしまうものさ。

 

でも、心まで醜くするこたぁないだろう。

 

例えば、今、ハゲを馬鹿にしている人は、将来的に自分がハゲかかってきたときに、昔の自分の記憶が蘇ってくるものだ。ああ・・・、自分はハゲたくない。ハゲは嫌だってね。

 

 

他人をブサイクだって感じている、考えちゃっている自分の心を観察してみたことはあるかい?

 

他人を醜いと感じちゃっている人ほど、醜い行為は無いねぇ。

 

そう思わないかい?

 

だから、逆に、これをやめていけば、どんどん心が綺麗な方向へ向かっていく。

 

さぁ、これがわかったら、他人をブサイクと呼ばず、考えることもせず、むしろ、魅力的な方面を探しだしていこうじゃないか。

 

ブサイクだと感じる人から魅力を見いだせる人は、自分の中でも、魅力を見出すことができるからね。

 

よし、わかったら、行ってよし。