ねこ哲の思考メモ

気づきや日常をメモしていく。後に思考を整理するために。

結果や成果を求める人生

結果や成果を求める人生
 
人生において、何をするにも結果が大切、いくら頑張ったって結果が出なければ仕方ない。こう考えている人は多くはないだろうか。
 
 
実際、スポーツや将棋のようなルールが明確である競争、競技の場であれば結果を求めるだろう。
 
あとは、受験や資格など、一律の条件下で競うのであれば、結果を求めるのは妥当である。
 
しかし、人生というものは、競争がメインなのだろうか?
 
 
成果や結果というものは人生においてどれほど大切なのだろうか?
 
家。家族。沢山の友人。仕事で成し遂げたこと。財産。
 
こう聞かれると、人生そんなに結果や成果は大切ではないと言うかもしれない。人生は人それぞれだ〜と。
 
しかし、心の底では、人生、人それぞれと言いながらも、他人の動向を意識してしまう。
 
結果や成果という意識は、競技する意識と結びついていて、さらには、損か得かという損得感情とも結びついている。
 
人より、得して生きていきたい。損するような人生は嫌だ。
 
やっぱり、なんだかんだこう思ってしまうのである。
 
僕は以前は、いちいち何かをやるたびに、これは自分にとって損か得か考えていた。この飲み会には行っておいたほうが得だ。とか。この人と付き合うと損する。とか。
また、他人の動向を牽制しながら、自分の方が、頑張っているとか、良い結果だとか、安っぽい正当化をしていたものだ。
 
これらの感情から逃れるには、自分は誰と競争していているのか、損とは何か、得とは何か、突き詰めて理解をしていくことが有効である。
 
これを突き詰めて考えていくと、自分にとって損なんてない。得もないってことに行きつく。
 
そこには、自分が生きたい道があるだけ。
 
本当の自分自身は、自分が今何をすべきなのかを知っている。
 
 
損得感情だったり、結果や成果に意識を回してしまうと、自分が何をやりたがっているのか気がつけなくなる。
 
ただあるがままに。
 
良いも悪いもない、損も得もない、善も悪もない、自然体。
 
自然体で、ただ、自分がやることをやれば、それで結果的には結果も出れば、成果も出る。
 
マラソンにおいては、他人との競争以上に、自分自身のペースをつかみ、ペースを理解し、フォームを洗練させ、タイムを早めていくことが大切だ。
 
人生は周囲から、やれ結果だの、こう生きるのがいいだの、これやっとかないと不安だの、年金は損するだの、なんだのかんだのと、あの手この手で、生きるペースを乱される刺激が飛び込んでくる。
 
 
 
様々な刺激に心を囚われることなく、あまり結果がどうなるとか意識せず、今の人生、瞬間瞬間を楽しみつつ、今やれることをやるだけ。
 
それで万事OKな気がするんだな。
 
 
広告を非表示にする